大腸内視鏡検査で大腸がん検診

大腸がんは自覚症状がないので気づきにくいとよく言われますが、大腸がんにも自覚症状はあるのです。

 

ですがとても気がつきにくい症状ばかりなので、ついつい見逃してしまうことが多いのです。

 

 

大腸がんの初期症状は次のとおりです。

 

やじるし血便が出る

 

やじるし下血する

 

やじるし突然便秘になることが増えた

 

やじるし下痢が続くことが多くなった

 

やじるし便が細くなった

 

やじるし下腹部に鈍い痛みや違和感を感じることが増えた

 

ですがこのような症状って、日常生活でけっこう頻繁に起きますよね?

 

仕事で疲れていたり、飲み過ぎ・食べ過ぎだったり、体調を崩したときには少なからず起こる症状ばかりです。

 

そして自然に治っていることが多いので、ついつい気にしなくなってしまうという。

 

特に年齢を重ねれば重ねるほど、カラダのどこかにガタはでてきますから、年のせいにして見逃してしまいます。

 

でも気をつけてください。

 

腸は肝臓と同じで沈黙の臓器と言われるくらい痛みを感じない臓器です

 

それが初期症状を見逃しがちになり、大腸がんの進行を助長してしまう原因にもなっているのです。

 

 

大腸がんの初期症状

現在日本では

 

約2人に一人がガンにかかり、約3人に一人はガンで亡くなっている

 

と言われており、そのなかでも今、

 

大腸がんは近年日本で増加傾向で、患者数や死亡者数が多い、タチの悪いがん

 

そしてガンによる死亡のうち、大腸がんによるものは

 

チェック男性は3番目

 

チェック女性は最も多く1番目

 

になっているのです。

 

大腸がんになってしまう原因

大腸がんになってしまう原因の1番は

 

運動不足

 

世界で年間530万人(死亡者の10人に1人)が、運動不足を原因とする病気で死亡しています。

 

そんな運動不足を原因とする病気の代表例が

 

やじるし結腸がん(大腸がんの一種)

 

やじるし乳がん

 

やじるし心臓病

 

やじるし糖尿病

 

またWHO(世界保健機関)の統計によると、

 

日本人の成人65%が運動不足

 

と指摘されています。

 

所得が多い国ほど運動不足率は高い傾向にありますが、アメリカでも43%、中国は31%と発表されていますから、やっぱり日本人成人の運動不足率は世界的にも高いのです。

 

やじるし通勤時には駅で階段を使わずエスカレーターを使う

 

やじるし昼間はデスクワークで椅子にすわったまま

 

やじるし夜はテレビやスマホを見たりでカラダを動かさない

 

やじるし休日もゴロゴロしていて運動をしない

 

 

このような運動不足の習慣が大腸がんを引き起こす原因となってしまっています。

 

【スポンサードリンク】

 

運動不足で大腸がんが発症?

ではなぜ運動不足だと、がんが発症しやすくなるのでしょうか?

 

その理由は体内で発生する活性酸素と密接に関わりあっています。

 

たとえば運動をすると体内には細胞のガン化を促進する活性酸素が発生します。

 

しかし定期的な運動を続けていると、

 

運動によって発生した活性酸素を消費しようとする働きが自然と高まり、結果的に自己免疫力を高める

 

定期的な運動習慣は、体内で発生した活性酸素の消してくれる効果があるということ。

 

理想的な運動量は毎日60分の有酸素運動と言われていますが、それよりも日常生活の中で常に動く機会を増やすことが重要です。

 

大腸がんの始まりはポリープ

大腸がんのはじまりは、癌ではありません

 

最初はそのほとんどが小さな腺腫とよばれるポリープで、これが大きく育っていくときに悪く変異します。

 

だいたい直径が2cm以上に育ってくると、その一部が癌に変異すると言われています。

 

胃や肺・リンパ節にできる癌が小さくても悪性の癌であるとのは違って、大腸がんは大きくなったポリープが変異して癌になります。

 

逆に言えば2cm以下の場合には、がん細胞になっていないことが多いのです。

 

このことを考えると、

 

大腸ガンは早期に発見して、切除治療を受ければ確実に治るガン

 

ということです。

 

なにより大切なのは早期発見

 

そのためにも定期的に検査を受け、大腸ガンの早期発見に心がけましょう。少なくとも

 

便潜血検査だけはこまめに毎年受け続けるべき

 

であり、それが大腸がんの早期発見につながります。

大腸ガン検査と早期発見の方法

大腸がんの検査は2種類あります。

 

チェック便潜血検査
チェック大腸内視鏡検査

 

便潜血検査(便潜血検査免疫法)

自宅で2日分の便を採取し、便中に血液が混じっていないかどうかを調べる検査です。
簡易で身体への負担が少ない方法として、自治体や職場で大腸がん検診で40歳以上の人に推奨されています。
2日分のうち1回でも陽性反応(出血)が確認された場合に『要精密検査』になり、大腸内視鏡検査を受けることになります。

 

大腸内視鏡検査

先端にカメラのついた内視鏡を肛門から挿入し、大腸の内粘膜の様子をモニターに映し出して観察します。
検査前には前処理として1.5〜2Lの腸管洗浄剤を飲んで、便を強制的に排出して大腸内を空の状態にします。
そしてカメラのモニター観察で病変が見つかったときは、組織を部分的に採取して調べます。
小さなポリープや早期ガンであれば、そのまま切除してしまうこともあります。

 

このような検査方法で大腸内の状況を観察し、大腸がんであるかどうかの判断をします。

 

このことからもわかるとおり、重要なのは便潜血の有無

 

大便をしたとき便に血液が混じっていると目で見てわかる状態になったときは、ガンなどの病気がかなり進行している可能性があります。

 

そしてその潜血の色でも判断ができます。

 

大便をして出血したとき、

 

チェック赤い血(潜血)が便器やトイレットペーパーについていた場合は、肛門付近からの出血

 

チェックどす黒い血だった場合は、消化器官(胃・小腸・大腸)で消化液の働きを受けた可能性が高い

 

という判断ができます。(赤ワイン好きの方はいつもかもしれませんが)

 

赤い血だったら痔で、そうでない血の色は腸の異変を疑うべきです。

 

チェック日頃の大便の状態を観察し、出血があるかどうかをチェックする

 

チェックどす黒い血を確認した、異様な黒系の便が出た時は便潜血検査を受けてみる

 

チェック便潜血検査で異常の有無を確認し、大腸内視鏡検査を受ける

 

この毎日のチェックの繰り返しこそが、大腸ガンの早期発見につながります。

 

大腸内視鏡検査の費用比較

日本人は食生活の変化とともに、大腸ガンが増加しています。

 

なので本来であれば、大便がんの有無を確認して安心するためにも、こまめに大便内視鏡検査を受けるのが理想です。

 

ですがこの検査には、体内の便を全部出してしまう下剤の前処理が必要なため、食道・胃のバリウム検査ほど手軽に行うことはできません。なので、

 

チェック健康診断で行う便潜血反応だけでは不安

 

チェック便の色が急に黒くなったように感じる

 

チェック親族・家族に大腸ガンで亡くなった人がいる

 

と不安を感じたのならこの機会に是非一度、大便内視鏡検査を受けてみましょう。

 

大腸ガンは、進行ガンでも比較的初期のものならよく治るガンの−つです。

 

また便潜血が陰性(異常なし)でも、大腸内視鏡検査で潰瘍やポリープなどの大腸疾患が発見されることがあります。

 

検査費用や腸内洗浄剤の利用方法なども、クリニックや病院によって違ってくるようです。

 

そして検査が痛くなくできる方法や、麻酔のしかた、検査前の準備方法なども各病院によって違います。

 

大腸内視鏡検査の痛みの感じ方や不安になる気持ちなどは、人それぞれです。

 

あなたに合ったクリニックを自宅近くで試しに探してみるのなら、無料で探せるサイト マーソ人間ドック・検診検索 などで調べてみるのも良いでしょう。

 

大腸がんで大切なのは、とにかく早期発見です。

 

不安に感じているのなら、大便内視鏡検査を受けてみると安心できます。

 

大腸がんの予防には

大腸がんを日常生活で予防するためには毎日の食生活で腸内環境を整えてあげること。

 

最近NHKスペシャルでも取り上げられた、腸内フローラの環境改善ですね。

 

人間の腸内には100兆個を超える最近が住んでいて、細菌だけの重量でも1.5kgあります。

 

そして腸内には

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

の3つがあって、このうちの善玉菌が優勢になると体調は良くなり、逆に悪玉菌が優勢になると様々な体調不良を引き起こします

 

つまり腸内は善玉菌が多いほうが健康!だということ

 

この善玉菌を増やすエサとなるのが乳酸菌です。

 

だから腸まで届く乳酸菌を摂取することは、腸内の善玉菌を増やして優勢にしてくれる効果があるんですね。

 

手軽に腸内善玉菌を増やす

【ビフィコロン】日清製粉グループ

ビフィコロン公式サイト

ポイント

  • 日清製粉グループ開発の特許製法
  • ビフィズス菌を大腸に生きたまま届ける
  • 1日1粒目安、無理なく続けられる

「第2の脳」と言われカラダ全体や気持ちまで左右する腸の善玉菌を増やします。
ビフィズス菌を行きたまま大腸まで届ける、日清製粉グループ開発の特許製法の乳酸菌サプリメント。
現在500円モニター募集中です。


⇒日清食品『ビフィコロン』詳細はこちら



【生命の乳酸菌】

生命の乳酸菌 公式サイト

ポイント

  • 体温に強い7種類の耐熱性乳酸菌
  • 腸まで届く特性製法カプセル
  • ヨーグルト1038個分の乳酸菌

日本人の腸内環境にマッチした熱に強い7つの乳酸菌を配合しています。
胃酸や熱からガードして乳酸菌を腸まで送る画期的なカプセル特性製法コーティングカプセルで包まれています。
これだけ乳酸菌豊富でもヨーグルトと違い低脂肪、低カロリー。


⇒『生命の乳酸菌』詳細はこちら



【善玉菌のチカラ】フジッコ

フジッコ善玉菌のチカラ

ポイント

  • カスピ海ヨーグルト乳酸菌
  • 低カロリー
  • 女性に必須のカルシウム

『フジッコ〜のお豆〜ちゃん♪』でおなじみのフジッコが長年の研究してきたカスピ海ヨーグルト。
そのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きたままカプセル化しています。
カプセル1粒に10億個以上の乳酸菌が含まれており、女性に必須のカルシウムも多いです。


⇒フジッコの『善玉菌のチカラ』詳細はこちら



【石垣島のユーグレナ】小林製薬

石垣島のユーグレナ

ポイント

  • 今話題のユーグレナ
  • 小林製薬なので安心
  • 奇跡のスーパーフード

ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、光合成によってさまざまな栄養素を作る、虫ではなく昆布やワカメと同じ藻の一種。
13種類のビタミン、16種類のアミノ酸、6種類の不飽和脂肪酸、9種類のミネラル、5種類の話題成分配合。
50種類以上の栄養素を含む栄養満点、今話題のスーパーフードです。


⇒小林製薬『石垣島のユーグレナ』詳細はこちら



腸内フローラ、私の体験記

私も大腸内視鏡検査を受けてから、できるだけ毎日LP-21ヨーグルトを食べるようにしてきました。


LP-21ヨーグルトはウチの近所のスーパーでも1個130円くらいします。


これ25日間食べ続けると3,250円にもなるんです、しかも食べ忘れとかもありますし。


私はこのLP-21ヨーグルトを頑張って食べ続けていましたが、今のところプリン体を減らす効果を体感したことはありません。


でも不思議なんですが、


ヨーグルトを食べ続けると『大便のニオイ』がしなくなる


これは乳酸菌のおかげで腸内善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれるているからだと思うんですよね。


でもカップのヨーグルトだとスプーンが必要だったり、食べ忘れたり、毎週スーパーでまとめ買いするのもけっこう手間なんです。


なので私は大腸まで確実に届くサプリの乳酸菌に変えてみました。


こっちのほうが手軽です。


上手に大腸内の善玉菌を増やすとダイエットにもなるそうですからちょっと楽しみです。


大腸に必要なのはこの乳酸菌