大腸内視鏡検査の下剤、1リットルを苦痛なく飲む方法は?

大腸内視鏡検査 下剤 1リットル飲めない

 

大腸の内視鏡検査は腸内に潜む病気やトラブルを見つけ出すには非常に有効な手段ですが、検査の事前処置がなかなかの難点です。

 

というのも、腸内を空っぽにしておかないといけないため、大量の下剤と洗浄剤を飲む必要があるのです。

 

これらは少なくとも1リットル程度を飲まなければならず、飽きや苦しさで検査よりもつらいと感じてしまう人もいるようです。

 

【スポンサードリンク】

 

※私がモビブレップを飲んだときのレビュー記事はこちら⇒

 

 

大腸内視鏡検査の下剤の味は?

下剤や洗浄剤の中には、

 

  • スポーツドリンク風
  • フルーツ味

 

などの味付けがされているものもありますが、やはりたくさん飲めるお酒やジュースとは違い、嗜好性は高いとは言えません。

 

 

 

 

下剤1リットルを苦痛なく飲む方法は?

そんな下剤などを苦痛なく飲む方法としては、

 

自宅での事前処置であれば冷やしてみると良い

 

でしょう。

 

温度が変わることで感じる甘みも変化する為、飲みやすくなることがあります。

 

他の物で味を変えることができないので、ジュースや飲み物だと思わない事が大切です。

 

味わおうと思ってしまうと、飽きてウンザリてししまうので、何も考えずにごくごくと飲むことが一番のポイントとなるでしょう。

 

苦痛を完全になくすことは難しくても、気持ちの持ち方次第でストレスがちょっとだけ軽減されるかもしれません。

 

 

■大腸検査で大腸がんの初期症状を知るポイント >>

 

【スポンサードリンク】