大腸内視鏡検査後に便秘?

大腸内視鏡検査後に便秘

 

大腸内視鏡検査後は、かなりの確率で便秘になる人が出てきます

 

検査前は毎日1回、多いときは2回出ていた人が、検査後は一週間に1〜2回くらいしか出なくなることがあります。

 

大腸内視鏡検査後に便秘になるのは、一説には

 

腸内洗浄をして腸内細菌がいなくなるから

 

ともまことしやかに言われています。

 

しかしこれは迷信で、通常の場合は大腸内視鏡検査後に便秘になることはありません。

 

【スポンサードリンク】

 

大腸検査後の便秘の原因

大腸内視鏡検査後に便秘になるのは、体調の変化によるところが大きいそうです。

 

例えば腸内洗浄をニフレックという腸管洗浄剤を使って検査したとしても、腸内洗浄で腸内細菌がいなくなるということはありません

 

またモビブレップのような腸管洗浄剤を飲んだからといって、便秘という副作用は考えられません。

 

ニフレックは、水分と一緒に単にうんちを出す薬にすぎません。

 

大腸内視鏡検査後に便秘になったとしても、それは一過性のものです。

 

ただ注意しないといけないのは、

 

大腸内視鏡検査をする前々日までは、厳しい食事制限はないが、油っこい者など消化を遅らせるものは避けるべき

 

ということです。

 

よく噛んで消化しやすくしておかないと、大腸内視鏡検査後に便秘になる可能性があるからです。

 

どうしても大腸内視鏡検査後の便秘のことが心配だったら、

 

検査後の数日間は念のため下剤を続けて飲んでおく

 

くらいで大丈夫だということです。

 

 

>大腸内視鏡検査の費用|大腸がんは大腸検査で早期発見しよう!

 

【スポンサードリンク】