大腸がんの原因と効果的な予防法

国立がん研究センターを中心に実施されている「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する資料」によると

 

大腸がん(結腸がん)になりやすくなるのは運動不足が原因であることがほぼ確実

 

と評価されています。日本はカラダを動かさなくても暮らせるという便利な生活が、大腸がんといった生活習慣病を引き起こしているのです。

 

【スポンサードリンク】

 

身体をよく動かしている人はガンになりにくい

やじるし日常的に肉体労働や激しい運動をしている人
やじるし歩いたり立ったりしている時間が1日に3時間以上の人

 

このような日常的に身体を良く動かしている人は、ほとんど動いていない人に比べて結腸がんの発症リスクは約4割低いそうです。

 

また1日の運動量が多い人は、がん全体の発症リスクが男性で13%、女性で16%低くなると言われています。

 

 

定期的な運動がガンを予防する理由

運動がガンを予防する仕組み、それは

 

やじるし運動によって体内に発生した活性酸素を消費使用として体内の抗酸化機能が高まる
やじるし運動によってガン細胞を増殖させるホルモンの分泌が抑えられる
やじるし運動が体内の免疫力を高める

 

といった効果があるとされているからです。

 

つまり『立つ、歩く、ストレッチをする』といった筋肉の収縮活動が、がんの増殖に密接に関係しているといわれているインスリンの過剰分泌を抑えている可能性が高いというのです。

 

仕事などで座りっぱなしであることが多いといった運動不足は、大腸がんの予防には禁物ということです。

 

 

■大腸がんの初期症状 >>

 

【スポンサードリンク】