大腸内視鏡検査後に腹痛になるのは?

大腸内視鏡検査 腹痛

 

大腸内視鏡検査後に少し腹痛が出ることがありますが、これは注腸によるものです。

 

注腸とは肛門から液体の薬を大腸内に注入すること。

 

聞いただけでも痛そうな感じがしますよね?

 

注腸で液体を大腸に注入し、人工的に大腸を膨らませるので、違和感を感じたり、場合によっては痛みを感じることがあります。

 

ただ、万が一の場合は大腸内視鏡検査のカメラで大腸憩室などが破れて穿孔していることもあるそうです。

 

なので痛みがある、痛みがおさまらない場合は、すみやかにお医者さんに相談して検査を受けたほうが良いです。

 

消化管(大腸・小腸)穿孔は、穴が小さいとはじめわからないこともあるそうですから、念のための検査が必要なのです。

 

【スポンサードリンク】

 

大腸内視鏡検査後の腹痛の症状

大腸内視鏡検査を受けた後は、特に異常はなくても、空気によるおなかの張りに苦しみ、検査後に何回かトイレに行きたくなることがあります。

 

そしてオナラが出やすくなります。

 

オナラを大量に出すと、張りのある痛みは和らぐのですが、稀にシクシクした痛みが続くことがあります。

 

しかし何でもない場合の腹痛は、我慢できないほどの強い痛みではありません。

 

大腸内視鏡検査をして異常なしということであれば、生検(病気の診断や経過予後の判定のために、生体の組織や臓 から材料を採取する方法)はしません。

 

このように生検なしの場合は、穿孔を起こすことはほとんどまれです。

 

なので大腸内視鏡検査後に腹痛が起こるのは、

 

前処置の下剤や大腸内視鏡の際に腸内に空気を入れていることが原因

 

と思われます。

 

大腸内視鏡検査中は腸内水で洗ったりしているので、腹痛が起こりやすくはなりますが大抵は一時的な症状にすぎません。

 

ですが腹痛や鈍い痛みがずっと続く場合は、念のため病院で再検診を受けるとよいでしょう。

 

>大腸内視鏡検査の費用|大腸がんは大腸検査で早期発見しよう!

 

【スポンサードリンク】