大腸内視鏡検査、痛みは麻酔で乗りきれる?

大腸内視鏡検査 麻酔

 

大腸内視鏡検査、全くの無痛かというと...決してそうではありません。痔主でもある私の場合、まず最初に肛門にカメラをグリグリされた時に激痛を覚えました。

【スポンサードリンク】

※私の大腸内視鏡検査体験レビュー記事はこちら⇒

 

私のように痛みに決して強くない人の場合は、

大腸に空気を送り込んだ時点で苦痛だった

大腸ファイバーが腸の曲がり角でぶつかるたびに激痛が走った

というような体験談を耳にしたこともあって、ちょっと不安になるかと思います。

 

かと言って、痛みを無くすために麻酔などを使うのも怖くありませんか?

 

 

大腸内視鏡検査、痛みを麻酔で乗り切るべき?

最近は大腸内視鏡の際に麻酔を使う施設も増えてきているようです。

 

このときよく使われる麻酔は「静脈麻酔」で、注射で睡眠薬を注射して眠っている間に検査をおこなうものです。

 

これは患者さんには痛みを感じず非常に楽ですが、深い麻酔は低酸素血症(呼吸が弱くなり酸素不足になった状態)の危険があります。

 

これはしっかり管理しないと脳に障害を残す危険だってありますから、決してオススメできるものではありません。

 

 

大腸内視鏡検査、痛みを麻酔で乗り切るために

ではどうすれば痛みを感じずに大腸内視鏡検査を受けることができるのでしょうか?

 

これには次のようなコツが必要です。

 

お医者さんに『自分は痛みには弱いタイプ』であることを事前に伝える

 

こうすればお医者さん側で次のようななんらかの処置をしてくれます。

  • 鎮痛剤を処方する
  • 浅い麻酔を使う

眠ってしまうほどの深い麻酔でなく、「ぼー」とする位の浅い麻酔なら安全なので、痛みが心配な場合は事前にお医者さんに相談してみましょう。

 

 

■大腸検査で大腸がんの初期症状を知るポイント >>

 

【スポンサードリンク】