大腸内視鏡検査後に痛みはあるのか?

大腸内視鏡検査後に痛みはあるのでしょうか?

 

痛みについては気になるところですが、個人差によります。

 

また、医師の技術によって変わってきます。

 

ただ基本的には、それほど大きな痛みはありません

 

【スポンサードリンク】

 

検査後に痛みを感じるのは...

大腸内視鏡検査は、

 

  • 便に潜血があった場合
  • 消化器系に問題がある場合

 

といったときに受けることになりますが、もっとも不安に感じるのが検査の痛みです。

 

たまに検査が終わってから暫く痛みが続く人がいますが、こうした場合、検査を担当した医師の技術力が影響します。

 

なぜなら大腸内視鏡検査は、難しい検査の一つになるからです。

 

腸の中へ管を挿入する施術になるので、どうしても腸には負担がかかります。

 

大腸内視鏡検査をする医師が腸の構造を熟知し、患者の痛みを敏感に察知できる人でないと、検査後、痛みが生じる可能性が高くなります。

 

技術がある医師が行えば腸への挿入がスムースに行き、検査後長く痛みが残るようなことは少ないです。

 

ただ、いくら医師の技術が優れていても、腸が曲がっていたり病気があるような場合は挿入が困難となり、管が腸の壁に擦れて傷が出来て結果的に痛みを伴うことはあります。

 

腸は、一般に思われている以上に、痛みに敏感な器官なのです。

 

 

■大腸検査で大腸がんの初期症状を知るポイント >>

 

【スポンサードリンク】