大腸内視鏡検査の下剤、マグコロールとは何?

大腸内視鏡検査では腸内を空っぽにしなければならないため、検査前に下剤や腸内洗浄剤を使用しなければなりません。

 

【スポンサードリンク】

 

下剤と洗浄剤とはほぼ同じような働きをしてくれ、

 

検査を受ける医療機関で用量や用法が違う

 

ので、説明をよく聞いて間違えないように事前処理を行いましょう。

 

 

下剤マグコロールとは何?

下剤の中でもマグコロールという下剤は、非常に多く使われる傾向があります。

 

クエン酸マグネシウムが主成分の下剤です。

 

用量を少なめにして他の下剤と併用する事もありますし、検査前日に下剤としてマグコロールだけが処方される事もあります。

 

用法によって、200ml程度で済むこともありますし、2000ml近く飲まなければならない事もあります。

 

検査する医療機関の指示に従うようにしてくださいね。

 

少なからず嗜好性もあり、スポーツドリンクのように感じる人も多いようです。

 

2000ml程度となると、複数回1時間程度かけ飲まなければなりません。

 

最初の1杯2杯はさほど苦にならなくても、時間をかけ繰り返し同じ味のものを飲み続けていると飽きることは間違いないでしょう。

 

スポーツドリンクに近い味と言っても、美味しくないと感じる人も少なくはないようです。

 

 

■大腸検査で大腸がんの初期症状を知るポイント >>

 

【スポンサードリンク】