大腸内視鏡検査後にヨーグルトを食べても大丈夫か?

大腸内視鏡検査後 ヨーグルト

 

大腸内視鏡検査後にヨーグルトを食べても大丈夫なのでしょうか?

 

ヨーグルト好きの人にとっては気になるところです。結論からいうと、

 

大腸内視鏡検査後にヨーグルトを食べても問題ありません。むしろおすすめできます。

 

ヨーグルトは、腸内環境改善に大きな効果があるからです。

 

【スポンサードリンク】

 

ヨーグルトはカラダに良い

乳酸菌の一部には、胃がんの原因となるピロリ菌を減らす効果があるので、大腸内視鏡検査後、ヨーグルトを食べることは有効です。

 

腸内環境が悪化すると大腸がんのリスクも高まるので、ヨーグルトをしっかり食べるとよいです。

 

ヨーグルトの乳酸菌を摂取することで悪玉菌を減らすことができます。

 

大腸内視鏡検査後にヨーグルトを食べるということは、大腸がんを予防することにもつながるのです。

 

大腸がんの早期発見には大腸内視鏡検査が必須ですが、検査直後は腸内に悪玉菌が少なく、善玉菌が増えやすい状態にあります。

 

そのことから、

 

検査後2週間は、毎日ヨーグルトを食べることが推奨されています

 

大腸内視鏡検査後にヨーグルトを食べても全く問題はなく、医師が勧めているくらいなので、積極的にヨーグルトを摂りましょう。

 

 

■大腸検査で大腸がんの初期症状を知るポイント >>

 

【スポンサードリンク】